「文学部不要論」に反論する

人文科学系の学問、特に文学部に対する社会的な無理解や偏見はどこから生まれてくるのか?

そして就職活動における文学部の「強み」は何もないのだろうか?

就職活動が無事に終了してから今まで出会ってきた人たちの話、様々な媒体に載せられた就活コラムなどを見ていて痛感したのが文学部に対する根強いネガティブなイメージだ。

以前文科省が国立大学に宛てて人文系学部の組織再編を促す通達を出したことは記憶に新しい。激しい反発に対する文科省の釈明によって事態はうやむやになったものの、一連の騒動は「文学部不要論」の台頭として国内外を問わず反響を呼んだ。

筆者がこうした文学部の弱い立場を痛感したのが学内でのOBOG企業説明会だった。配布されたパンフレットを見ると、各業界の一流と呼ばれる企業で活躍する社員たちの出身学部と仕事のやりがいなどが書かれていた。一通りめくってみると、出版業やマスコミなどを除いてほとんどの企業の社員が「非文学部」出身だった。

まさか意図的に文学部出身者を排除したということは無いだろうから、実際に社内での文学部率はかなり低いのだろう。少なからぬ業界で、「実学」では無い文学部を敬遠する傾向があるようだ。これは四年制の学部の話で、それが大学院ともなれば偏見の強度は圧倒的に強くなる。文学を専攻する院生は「人生を半分捨てた奴」「社会不適合者」などのレッテルを貼られる。

 

最初の疑問に戻るが、本当に文学を学ぶことは無意味でいわゆる就活での「強み」も無いのだろうか?間接的には大いにある、というのが個人的な答えだ。

 

  1.資料収集や議事録作成など、リサーチ力と要約力がつく

まずは即戦力としての強みだが、経営戦略や事業投資などを進めていくにあたって避けて通れないのが該当する分野に関する情報収集だ。とはいえ情報は世の中に膨大に存在し、適切なものを峻別することは簡単にはいかない。数ある資料から内容的に良い情報を見抜く力は、本を読むことで「文章慣れ」した人に備わるケースが多い気がする。同じ理由で要点を抜きだす力も文学部の特性と言えよう。

  2.「思考の持久力」が鍛えられる

期間・課程はどうであれ文学研究をするなら、膨大な量の文献を読んだ上でそれらを反芻し、論文・レポートという形でアウトプットしていく過程を避けることは出来ない。文章を緻密に読むという作業は、それだけでも忍耐力を養う効果があるのではないだろうか。そして、このような思考の持久力が強化されるとどのような結果が生じるか。

  3.「答えの不在」に耐えられる

実生活で何らかの問題が生じたとき、それに対する何らかのソリューションが存在する。それらは努力や勘で見つけられるだろうが、文学の場合そうはいかない。作家が本当に言いたいこと、作品の答えを文献から探し出すことはめったに出来ない。絶対的な答えが存在しないことはビジネスの世界も同じだろう。その都度臨機応変に切り口やプロセスを変えながら、出口の見えないトンネルを進んでゆくことは文学部の得意とするところだ。

 

このブログは主に自分に向けて書いてきたつもりだが、今回は書いたことを就活生にも伝えられればと思っている。特に文学部に所属していて、就活にあたって自分の強みや特徴を「発明」することに戸惑っている人には、はっきり言っておく。

 

目前の学問に対して全力で打ち込め

「就活受け」など気にして薄っぺらな経験を身にまとうのはやめよう

見た目だけかっこいい人間にはなるな