読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

即時的な教訓に惑わされず、情報への「感度」を高くする

書店に足を運ぶたびにいつも思うが、いわゆる「自己啓発本」はどうして安定した売り上げを保っているのだろうか?

売れているだけ多くのニーズがあることは確かなのだろうが、どうにも腑に落ちない。というのも、店頭でこの手の書籍を何冊かめくってみたが、そこで主張されているのは大体似たようなことだからだ。

「成功する人間は~する」

「一流と二流(一番嫌いな言葉かもしれない)の差は~だ」

「~といった習慣を持つべきだ」

語り口は往々にして上から目線で、絶対的なものであるかのように巧妙に装われている。筆者の主義主張をあたかも戒律のように仰々しく見せる文章のレイアウトなど、その一例だ。自己啓発本愛読家の人は、多少なりともこういった商業的な戦略に付き合わされていることを意識する必要があるだろう。

そもそも筆者がどの程度自分が書いたものを本当に理解して、実践しているかもわからない。

何十人、何百人がほとんど同じようにいじり回してきた「やるべきこと」や「真理」は、薄っぺらな言葉遊びに落ちぶれている可能性もあるからだ。

古代ギリシャの哲学者プラトンは、吟遊詩人たち自身が歌っている内容をろくに理解していないとして嘲弄したが、これは現代まで続く問題意識ではないだろうか。

 

それでもこういった書籍から本当の意味での学びを得るためには、読者が意識しなければならないことがあると思う。

それはただ漫然と情報に触れるのではなく、いかにそれをものにするか、平たく言えば有意義な情報に対する感度を上げるしかない。たとえそれが、いわゆる「自己啓発本」的なものとは異なる、一見すると気付かないような媒体に隠されていたとしても、至言を見つけ出して自分のものに出来るかどうかが肝要だ。

・・・などと書いているとこちらまで自己啓発本の執筆者になった気分だからそろそろやめておこう(笑)。

 

乱暴なまとめ方になるが本当に身になる教訓は、何の目的性もないように見える文学作品などにあるのではないか、というのが一文学院生の意見だ。

最後に現代フランスを代表する哲学者ジャン=リュック・ナンシーの言葉を引用したい。

 

書物は手段とならず、また相関して、目的の範疇にも片づかない。というのも、自らの外に目標をもたぬ以上、その内においてもまた、いかなる作用の目標ともなりえぬのだから。

 

「手段にも目標にもならない書物(ここでは文学作品)」の中から自分だけの言葉を探す。

そんなある種の宝探しゲームによって、初めて大切な手掛かりは見つかるのかもしれない。

 

 

 

 

「小難しさ」の功罪、「大衆」との手のつなぎ方

トランプ大統領の誕生、

フランス極右政党国民戦線の躍進

 

こういった出来事を例に挙げて、世界の右傾化と今後の情勢を憂慮する声は世界中に広がっている。とはいえ、強権的な統治者・後ろ向きな政治を望んだのは、疑いもなくそれぞれの国民なのだ。時の権力者が保守的、さらに言えば排外的な政策を打ち出したとしても、そういった政権が大多数の大衆によって担ぎ上げられていることを忘れてはならない。

ポピュリズム」に基づく権力の登場を危惧する意見は随分前から出てきている。古くは、100年近く前にオルテガのような哲学者が大衆の愚昧さとファシズムの台頭を批判しているのだから。

 

ところでこの「大衆」とは本当にバカなのか?どこかのテレビ局の前社長が言っていたように、一般人は無知蒙昧だから「選ばれた存在」であるテレビマンが彼ら彼女らを導いてあげなければいけないのか?

最近ルソー研究者の友人と話した時に知ったのだが、ルソーは大衆を「子供のように純粋無垢な存在」と定義したそうだ。確かに、一般に人は目の前に出された物事に飛びつきやすく、なんでも真に受けようとする傾向がある。

流行りのものを追い求め、世界のどこかで誰かが被っている不条理・不正義を知ると感情に流されて涙を流す。そしてデマや扇動に流されやすいところもある。

 

前述のトランプが主に貧困層の支持を得た背景には、シンプルな表現を用いて聴衆の心に入り込む演説を意識したからで、反対にヒラリーは専門的な用語などによって演説を小難しくしてしまったところに敗因があるという。

「一般に人は中途半端にしか推論しない」

ヴォルテールの言葉だ。

衒学的な話し方、小難しさは人を遠ざける。本当に伝えたいことははっきりと、そして単純に表現するべきだろう。それは政治でも、ビジネスでも、はたまた人間関係でも同じことだと思う。仲間内でしか伝わらない言葉に力は無い。

振り返ってみると、謙虚さと共感力こそ人の心を掴むようだ。

 

外に出て人と語りあおう。